糖尿病治療においての数値目標

糖尿病の治療などで検査をすると、数週間後に医師から説明を受けると思います。どんな項目の数値をどのようにしたら理想的な状態になるのでしょうか?ここでは、項目ごとに詳しい説明と目安となる数値をお伝えしていきます。

血糖値

テレビ番組などメディアなどでもおなじみの聞き慣れた単語だと思います。一般的にはこれで通じるのですが、残念ながら検査の項目名は違う表記をされています。

HbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)が血液検査での血糖値になります。単位は%で、数字が大きいほど血糖値が高いことになります。通常の数値は4.3~5.8程度で収まっています。

一般的に言われる血糖値の数値についてですが、空腹時の状態で100mg/dl~110mg/dl未満が良いとされています。ただし、この範囲は正常値でありながら110mg/dlに数字が近くなるにつれ注意対象にカウントされるようになったそうです。食後2時間後の測定なら140mg/dl未満が正常値です。ブドウ糖負荷試験(OGTT)をすると、より正確な数値が判明します。

フルクトサミン

長年、血糖値の指標には上記のHbA1cが使われていました。HbA1cを調べれば検査した時より1~2ヶ月前の血液状態を知ることができごまかしがきかないので利用されていましたが、調べた直近の内容が分からないという欠点があったのです。

その欠点を補うものとして登場したのがフルクトサミン(FRA)です。同じく血液を採取して、糖とタンパクが結合した糖化タンパクを調べます。正常値は205~280μ mol/lです。糖尿病の患者さんはひとまず320μ mol/l未満にするようにしましょう。この検査では、直近2週間前の血糖平均値がわかります。