糖尿病の初期症状

糖尿病は発病していても自覚症状が出にくい病気ですが、初期症状として下記のようなことが挙げられます。

  • 異常に口が乾いてしまう
  • 多尿
  • 体重の減少
  • 疲れやすい

疲れやすいというのはあいまいすぎて判断しにくいですが、残りの症状については本人は気づけなくても周りが気づくほど目に見えて現れます。

実際にあった症例をご紹介します。仮にAさんとしましょう。Aさんはペットボトルにお水を入れて飲んでいたのですが、一本を空にしたかと思うとすぐに別のペットボトルを持って飲んでいたそうです。「何か喉が渇く、しょっぱいものでも食べたっけ?」そんなことを言うから、最初は誰も気にしませんでした。

でも、日に日に飲む量が増えていき最終的には冷蔵庫の中に500mlのペットボトルが14本と机の上に2リットルの水出しポットを1つ、更に2Lのペットボトル2本に入れた水を2日程度で空けてしまうまでになりました。異変を察知した家族が片足に壊死を見つけたのは、ちょうどその頃だったそうです。

お水をたくさん飲んでいる。些細なことなのでうっかり流してしまいがちですが、少なくとも2週間以上それが続いているようでしたら糖尿病を疑ってみた方がいいかもしれません。また、お水をたくさん飲んでいるのでトイレの回数が多くなったりしても当たり前のことだと異変には気づかれにくいです。本人もそうなるのが当然だと思ってしまうので厄介です。

また、体重の減少にも注意が必要です。

糖尿病になると、血液の中のブドウ糖が多くなります。すると血液はドロドロの状態になり血流が悪くなっていきます。栄養がちゃんと運ばれなかった臓器などは、届かないブドウ糖に代わって体の脂肪や筋肉を代替エネルギーとして消費するようになってしまいます。これによって体重の減少が起こり、筋力の低下もあって疲れやすさを感じるようになるのです。