糖尿病になると、どの程度食事制限をしなければいけないのでしょうか?

糖尿病になったら、一体どれくらいの食事制限をすればいいのかという疑問を多くの方がお持ちではないかと思います。2型糖尿病で肥満の方ですと病気の治療と共に減量が必要になりますので、綿密にカロリー計算をした食事にしなければなりません。

誤解されている方もいらっしゃるかもしれませんが、カロリーを抑える食事制限をしなければならないからごはんを食べちゃダメと言っているわけではありません。確かに、油や砂糖、それに塩など通常よりも少なく使わなければならない食材もありますが、『ダメ』ではなく『控えたほうがいい』なのです。この微妙なニュアンスの違いを理解する事は、結構重要だと思います。

ブドウ糖の元となるごはんを絶ってしまう方もいらっしゃいますが、そうする必要はありません。糖尿病で入院し食事療法をしている患者さんの食事を何度も見ましたが、意外な事にごはんは大き目のお茶碗にかなりの量が盛られていました。

また、おかずも量は普通よりも少なくされていますが、野菜やお豆腐などの大豆製品を使って嵩を増やしていました。調味料を控えるというイメージから糖尿病食は味気ないものと思われがちですが、悲観するほどのものではありません。お砂糖も代用砂糖(代替糖)を使えば普通に甘くて美味しいです。

お菓子など甘い物が食べられなくなるのではという悩みも、糖尿病などの食事療法用にカロリーを抑えて作られたお菓子やアイスクリームが何種類も販売されているので解消されています。

しかし、残念ながらお酒だけはこの限りではありません。糖尿病の患者さんでも飲めるお酒というのは、まだ開発されていないのです。お酒が好きな方ですと禁酒するのは大変だと思いますが、病気を治すためです。こればっかりは、我慢しましょう。