糖尿病は合併症が怖い!三大合併症の解説

糖尿病になると様々な合併症を引き起こします。特に

  • 糖尿病性神経障害
  • 糖尿病性網膜症
  • 糖尿病性腎症

これらは糖尿病の患者さんが発症する率が高い合併症で、三大合併症と呼ばれています。

糖尿病性神経障害(とうにょうびょうせいせいしんしょうがい)

この合併症は、3つの中では早期に発症することが多いです。高血糖状態で血流が悪くなると末梢神経まで酸素や栄養が届かなくなり、神経に障害が起こるようになります。

よく顕れるのが足先の末梢神経で、足先のしびれやピリピリ・チクチクした痛みといった形で発症します。神経には『感覚神経』、『自律神経』、『運動神経』がありますが、そのうちのどれが障害を受けているのかによって発症する症状が異なるようです。

糖尿病性網膜症(とうにょうびょうせいもうまくしょう)

目にはとても細かい血管が集まっていますが、高血糖で血液がドロドロになってしまうと血の流れが悪くなり、細い血管が詰まってしまったりコブができたりしてしまいます。やがて血管が裂けて出血するようになり、それが網膜に溜まってものが見えにくくなったり、目の前に小さな虫が飛んでいるような黒い点が見えるようになります。

網膜周辺の血管で血流が悪くなると酸素や栄養分をしっかりと送れなくなるので、新生血管という通常では存在しない血管を新たに作ってしまいます。血管が増えるくらいなら大丈夫なんて思わないでください。この血管はもろいので、ほんの僅かな衝撃ですぐに破れてしまうのです。そこが出血し、塞がれてまた破れて出血するうちに作られた新しい網膜が従来の網膜を引っ張り引き剥がしてしまう網膜剥離の原因になります。

剥離がひどくなると失明する恐れもあるという危険な症状です。

糖尿病性腎症(とうにょうびょうせいじんしょう)

腎臓には、血液をろ過して老廃物を排出させたり、逆に体から出ていきそうになっている栄養分を再吸収したりするという大切な役割があります。ところが、血液中の糖が多い状態が続くと腎臓の糸球体(しきゅうたい)の機能を低下させていきます。糸球体は、身近なものに例えるとザルのようなものです。

今までは細かく詰まったザルによって要るものと要らないものを分けてこれたのですが、機能が低下したことによって網目がゆるーく解けてしまいます。本来なら体に残らなければいけないものまで尿に排出されてしまうのが糖尿病性腎症です。