糖尿病の最新全国ランキング ベストは神奈川県 ワーストは青森県

こんにちは。糖尿病友の会の成毛です。

厚生労働省が毎年発表している「2018年人口動態統計月報年報」、人口10万人に対する糖尿病による死亡率を都道府県別にみると、青森県が20.2人で、全国平均の11.4人を大きく上回り全国ワースト1位だったようです。

ちなみに最も低かったのは神奈川県。

「なぜ神奈川県?」という点での考察もかかれていまして、興味深かったのが『「未病」を「ME-BYO」と表記して、糖尿病や合併症を診断される前から予防に取り組む活動も積極的に推進している。』という点。

県民への啓蒙活動や地域連携がうまくいっているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です