糖尿病の徴候は診断の10年以上前から現れる 早期介入が必要

糖尿病友の会の成毛です。相澤病院(長野県)糖尿病センターの提坂浩之氏と同顧問の相澤徹氏、同病院健康センターの小池秀夫氏らの研究グループによると、新たに糖尿病や前糖尿病と診断された人たちでは、診断の10年以上も前から空腹時血糖値(FPG)異常やインスリン抵抗性の増大といった糖尿病の徴候がみられることが分かったようです。詳しくはシェア先のページで御覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です