「体内時計」が糖尿病に影響 「時間生物学」が注目されている

2017年のノーベル医学・生理学賞は「体内時計」に関する研究が受賞したようです。この研究により「体のリズムに合わない食事の摂取が2型糖尿病をはじめとした疾患や健康障害に影響しているのでは?」という議論が起こっているようです。

記事中には「時間運動学」という言葉が出てきて、運動をどの時間帯に行うと良いのかを解明する研究のことも紹介されています。例えば、朝食前の運動はどうなの?みたいなこと。さらには、体内時計の乱れを調整する方法もいくつか紹介されています。

おすすめの記事です。ぜひご覧下さい。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です